2011年10月24日月曜日

おもしろ地形を見にそこらじゅう旅したいよね

3週間前のカミングアウトでもお分かりのように、迷子石好きな私は、インターネットでちょっと迷子石の画像やら本やらを探していました。すると、白尾元理(もとまろ)さんという方が、私の希望を満たしてくれそうなキーパーソンかもしれないという成果を得ました。白尾さんは、東北大と東京大大学院で地質学を学び、現在はサイエンスライター及び写真家です。白尾さんの著作の中でも、地形を扱ったもの2冊を早速借りてきて読みました。

グラフィック 日本列島の20億年 [大型本] / 白尾 元理, 斉藤 靖二, 小疇 尚 (著); 岩波書店 (刊)



これは、日本の地形を扱ったもので、図鑑のような大きさで立派な装丁でした。60か所くらいの地形の大きな写真に、解説付きでした。日本という狭い地域の地形は、やっぱりたかが知れていて、はっと息をのむような地形は少なかったです。ちなみに迷子石は紹介されていませんでした。

子供の科学サイエンスブックス 世界のおもしろ地形 [大型本] / 白尾 元理 (著); 誠文堂新光社 (刊)



これは、子供向けの本ですが、対象は世界の地形です。大きな写真に簡単な解説付き。やはり世界へと目を向けると、桁違いに大きくて面白い地形がいっぱいです。白尾さんはベストショットを撮ることに相当なこだわりがあるそうなので、本書が子供向けなのがもったいないくらいの質です。これは買いですね。ちなみに、迷子石は2つありました。

0 件のコメント :

コメントを投稿