2011年3月30日水曜日

東大に落ちた人の視点も大事かもよ

昨日まで、ブログタイトルの下に赤く「管理人大学受験生のため更新頻度を落としています。」と表示されていました。

私はつい一週間前までは、なんだかんだ言って受験生の身分でしたが、今はもう結果は出ていて、受験生ではありません。

この記事を読んでいらっしゃる方々にとっては、私の進学先などささいなことですが、今まで一年近くブログの一番上に「管理人が受験生のため」と表示していたのに、結果について何の音沙汰も無いのでは、尻すぼまりもいいところです。

そこで、結果を申し上げると、第一志望の東京大学には前期、後期試験ともに不合格し(泣)、私立の国際基督教大学(ICU)に合格となりまして、来月からICUに行くことになりました。

大学名を明らかにするかどうか迷っていたので、お知らせするのが遅くなってしまいました。

東大に向けてすごく頑張ったのに、見事に落ちてしまったのは悔しい……。

東大の難しさを思い知りました。

ICUは東京都三鷹市にあります。私のふるさと長野県から引越しです。

さて、進学先もお知らせしたので、本記事をもって昨年4月の「更新頻度を落とす宣言」を破棄いたします。しかし、これからの大学生活がかなり忙しいものになりますので、更新頻度は受験期とあまり変わらない可能性はあります。だからといって、ブログはおろそかにせず、量より質で努力します。

実は、書きたいことは結構ためてあって、今わくわくしているところです。

そのほとんど(というかすべて?)は数学か受験勉強に関連しています。おそらく高校生向けの記事になると思います。ICU生としてだけでなく、東大不合格者としての立場からも、アドバイスできればと思っています。

0 件のコメント :

コメントを投稿