2010年9月5日日曜日

アリストファネスは色々と書いてる


女の平和
作者: アリストパーネス
出版社/メーカー: 論創社
発売日: 2009/05
メディア: 単行本





ギリシア最大の喜劇作家アリストファネスの代表作「女の平和」です

上のイメージは単行本ですが、私は筑摩書房の「世界古典文学全集」で読みました。

ペロポネソス戦争を風刺する愉快なこの劇は、とっつきやすいと思って読んだのですが、この時代の歴史や文学に慣れていないから、ちょっと難しかったな。なんて書いたらいいのか、いい言葉が思いつかなくて申し訳ないです。

でも、当時のギリシア人は随分解放的だったのですね。

古代ギリシアとかローマの一連の文学や演劇を読んでみることも、一つの勉強かなと思いました。

0 件のコメント :

コメントを投稿