2011年6月30日木曜日

2011年の真ん中で夏休みの初めに

夏休みも数日たった6月30日(木)、東京から地元長野県へ里帰りをしました。ほぼ3か月ぶりの実家でした。質素な東京のアパートから実家へ3か月ぶりに帰って感じたのは、実家が広いこと、実家に物が多いこと、長野県は涼しいこと、実家の私の部屋の時間が止まっていたこと(毛布やヒーター、高校で使っていた参考書等がそのまま。)でした。この帰郷中に自動車の免許を取るので、1か月ほど滞在します。向こうにすっかり根を生やしていたので、すこし恋しい気もします。

とそんなことよりも、この日の午前8時16分ごろ、松本で震度5強の地震が起こったのには仰天しましたね。出発のために荷造りをしていたときに家族からメールが来ました。そのメールに「震度5強」とだけ書いてあったから、まさかね、と思ってパソコンを開いたら、松本で震度5強の地震。(゚Д゚) これからそっちに帰ろうというときに! (゚Д゚)

情報収集のために、twitterの投稿をリアルタイムでチェックしていました。松本には牛伏寺断層が横たわっていますからね。3月11日の2日前(約51時間前)にも、マグニチュード7.2の前震が起きています。これも予兆じゃなければいいのですが。

ちなみに幸い私の実家に大きな被害はありませんでした。せいぜい神棚の花瓶が落ちたり、私の部屋のプリント類が落ちていたり、



ふくろう氏が倒れていたくらいでした。



ただし屋根瓦が崩れた等の被害は、近所にかなりありました。おちおちしていられません。私が帰ってからは、1日に3、4回有感地震があります。

話は変わって、極めてプライベートですが、金魚すくいですくって以来何年も生き、10cm程に成長していたうちの金魚が、30日の地震の前に亡くなっていたそうです。(寿命か。)もともと3匹飼っていたのですが、これが最後の1匹でした。帰ってくる前に家族が埋めてしまったので、死に顔を拝めなかったのは残念でした。

ところで、夏休みに入り時間ができたので、このブログでやりたいと思っていたこと(3月30日の記事に言及あり。)にやっと取り掛かり始めました。今せっせと下書きしている最中なので、投稿はまだ後になります。向こうから持ってきたノートパソコンがなんだかインターネットに接続できなくて、実家の遅いパソコンでインターネットをしているので、予定が狂うかもしれませんが。

最後に、ICU1年生の長い夏休みがどんなに貴重なものか、ひしひしと感じているので、この夏休みの目標をしかと文字にして、記事を終わりにしたいと思います。

1、自動車の免許を取る。
2、タイ文字をマスターし、文法と語彙もそれなりにする!!
3、ICUの課題図書(もちろん英語、私の選んだのは600ページ超)をできたら7月中に読み切る!
4、東京に帰ったら、数学の教科書をじっくり読む!


ちなみに海外はおろか、日本国内にも旅をする予定はありません。世界各国に短期留学等に行っている(もしくは行く予定の)セクションメイトが羨ましいです。

2011年6月22日水曜日

ICUタイ語講習会まとめ + 初学者へ

夏至です。明日から日が短くなっていくので悲しいこと悲しいこと。

さて本ブログで何度か言及しましたが、私は5月27日、6月3日10日17日の4回にわたって、大学のタイ語講習会に参加しました。詳しくは6月4日の記事を見てください。ランチタイムをめいっぱい使うものだから、満足な昼食はおろか午後の授業の課題ができず、私を4度も苦境に陥れたタイ語講習会です。

最初は20人近くいたと思いますが、最後には10人いるかいないかくらいでした。

1週目は「挨拶」ということでサワディークラップ(こんにちは)やら自己紹介やらをし、
2週目は「買い物」ということで「…はありますか」などを学んだり、
3週目は「道を尋ねる」ということで右、左、近い、遠いなどを覚えて、
4週目は「食事を注文する」ということで「…をください」や「いくらですか」などを練習しました。

忙しかったですがとても刺激的で楽しく、毎回講習会を楽しみにしていました。が、ほとんどの単語を覚えられていません。

ひとえに私の勉強不足からですが、私はタイ語の知識が皆無で、知っているタイ語と言ったらトムヤムクンくらいでしたから、許して。

まあこんなことはどうでもよくて、以下ではタイ語になじみがない方、タイ語を勉強したいという方に、ちょっとタイ語の入門書を3冊紹介したいと思います。

まず、実際に講習会で使ったテキストが、
Wilaiwan Khanittanan. An Introductory Course in Thai Language and Culture. Bangkok: Thammasat University Press, 2001.(ウィライワン・カニッタナン著 「タイ語とタイ文化の入門講座」 タンマサート大学出版 (訳:CR))
(amazon.com、amazon.co.jp 等で見つからなかったので、リンク先はタンマサート大学の著者のページです。"Books"の項に本書が載っています。)

本書を調べているときに分かったのですが、タンマサート大学はICUの協定校でした。タンマサート大学はタイで2番目に古い国立大学なので、日本で言えば京都大学の地位くらいにあるでしょうか。

タイ人の書いた英語の本で、タイでの生活に最低限必要なタイ語を教え、タイ文化を紹介することを目的としています。この本をマスターすれば、数百語の語彙といくつかの基本文法を習得できるそうで、本書の最後にはタイ文字レッスンもあるそうです。

本書はタイ語(とタイ文化)を広く浅く扱った教科書といった感じで、なかなかの良書です。ICUの書店や図書館にある日本語のタイ語入門書をいくつか見てみましたが、こう広く扱ったものは無かったと言っていいでしょう。やはり英語まで視野を広げると、いい本がありますね。ただし、私の調べた限り、本書を買う手段が見つかりませんでした。本書に関する情報さえ乏しいので、入手困難です。

レッスン中のタイ語はすべて会話形式で、タイ語の発音だけを記号で表したものと、英訳と、そしてタイ文字を使った本物のタイ語の3つが並列されています。もちろん私はタイ文字を読めないので、発音と英訳しか見ませんが、この丸が多くてかわいい感じのタイ文字、勉強してみたくなりませんか?

少なくとも私はそう思ったので、本書にリストされた子音字の形と音を、見よう見まねで覚えてみました。完全なる未知との遭遇です。ひたすら書いて発音して暗記しました。

しかし本書のリストだけではとても文字は学べないので、文字だけを扱った本をICUで探してみました。文字に特化したものはあまり多くありませんでしたが、次の2つがおすすめです。

タイ語の目―文字がわかる読み書き入門 [単行本] / 山田 均 (著); 白水社 (刊)

タイ語の目―文字がわかる読み書き入門 [単行本] / 山田 均 (著); 白水社 (刊)

これは子音字がそのクラス(子音字には高子音字、中子音字、低子音字の3つのクラスがあるんです。)によって色分けされているので、クラスを覚えるのにとても役立ちます。また子音字が使用頻度によって2つに分けられているのも便利です。

書いて覚えるタイ語の初歩 [単行本] / 水野 潔, 中山 玲子 (著); 白水社 (刊)

書いて覚えるタイ語の初歩 [単行本] / 水野 潔, 中山 玲子 (著); 白水社 (刊)

これは活字書体の文字だけでなく手書きの文字も載っていて、実際にどう書かれるのかがわかります。書き方のコツも説明されていて、初学者にとってありがたい本です。


今私は前者の方を借りていて、パラパラ読んでみたのですが、今述べたように子音字にクラスがあったり、子音字+母音記号でやっと音になったり(例外あり)、母音が複合母音も合わせて41音もあったり、様々な声調の規則、複合子音字などなど、文字を学ぶ時点でめちゃめちゃ難しいんですけど。(´゚A゚`)

本書のまえがきでも著者がタイ文字は複雑だと明言しています。著者曰く、難しさは

タイ文字 >> ラテン文字(AaBbCc)、キリル文字(АaБбВв)、ギリシャ文字(ΑαΒβΓγ)、インド系文字(デーヴァナガーリー文字、ベンガル文字)、ハングル、中国語のピンイン、ベトナム語の文字など

くそっ、知らなかったぜこんな難しいなんて!

ですが、後者の本のまえがきには確かこうありました。

文字さえ習得すれば、ネイティブ並みのタイ語が書ける。

つまり文字は難しいけど、文法は簡単だということでしょう。まあ確かにそれはそうかもしれません。

疑問文や否定文の作り方は英語より簡単だし、冠詞は無いし、そういえば動詞の活用も無いかも。全体としては、文字もルールを覚えればたぶん大丈夫ですし、何より文法が難しくないので、タイ語は勉強しやすい部類に入るかも。

せっかく片足を突っ込んだのだから、夏休みを使ってタイ語をもう少し真面目に勉強しようと思います。第2外国語がタイ語というのも、なかなか粋だと思います。

2011年6月16日木曜日

ICUの課題が多すぎてワロエナイ

今月の更新頻度を見ればわかるように、最近は本も読んでいないですし、ブログで長話をたれるような出来事もありませんでした。ですが毎日が単調だったというわけではなくて、すごく忙しかったです。('Д⊂

学期末が近いということで、課題がただでさえ多いところに、さらに課されるものですから、大変でした。ブログを更新したかったとしても更新できませんでした。

例えば、この2週間のうちで、他の日は一歩譲ってまだ平気だったのですが、9日(木)と10日(金)は記録的は忙しさでした。

9日(木)

この日あった課題のうち、一番大変な3つが、

1、750-800語の英語のエッセイの Final Draft(最終稿)
2、文学作品(ヘミングウェイの"The Old Man and the Sea"(OMS))を20ページほど読み、
3、その Reading Journal(物語のシーンごとの要約と、物語に対する自由な意見、コメントを並行して書いていく、作品の理解を深めるためのノート。以下RJ。)を終わらせる。

でした。これらすべて10日が提出期限です! この週が今学期中で最も課題が多い週でした。

(後で判明したことですが、OMSは残り全部、つまり50ページほど読まなければならなかったそうです。よってRJもホントは残り全部のです。(゚Д゚))

8日の夜はあまり眠さに負けてしまい勉強量が0だったので、9日ですべてをしなければならない羽目に。

どのくらいの量を終わらせなければならないかというと、エッセイは草稿が600語くらいだったので、もう150語以上。

しかもただ書けばいいというわけではありません。これは英語教育プログラムの授業の課題なので、文法はもちろん、1段落が含むべき要素、段落または全体のとるべき構成、句読法(punctuation)が非っ常に厳しく定められています。別にスパルタ教育ではなくて、学術的な英語文書のフォーマットを学んでいるんです。これらに気を遣いながら書くのはかなり骨が折れます。(厳しいからと言って全員が同じ内容を書くわけではありません。トピックである「教育」に関することであれば、私たちが好きに主張を決められます。)

あとRJは、私が怠けたせいで60ページ分も書かなければなりませんでした。(ホントは90ページ分だけど当時はもちろんそんなこと知りません。)

この日(木曜日)は授業が少なくて午前中に終わるので、昼から6時くらいまでかけてまずはOMSを読み切りました。遅いですよね。でも母語以外で小説を読むのは簡単ではありませんし、それに本に書き込みをしながら読んでいたので。

さて次はRJを書こうかなと思っていたら、メールが。

セクションの友達から、6:45からICUの学食でエッセイの peer review(日本語で何て言うんだろう。互評?査読?)をするから、来られる人は来てねということでした。私はまだ完成稿に何の手も付けていませんでしたが、草稿を手に学食へと自転車を向かわせました。色々指摘を受けられて、実のある互評会(3人集まりました。私は確か8時くらいで先においとましました。)でしたが、時間の使い方からすれば家でRJ書いてた方がはるかに効率的でしたね…。

その後やっとRJを書き始めましたが、何とも遅々とした進み具合で、何とか終わるだろうという安易な推測は、絶対終わらないという絶望的な確信に変わりました。私はまだ手つかずのエッセイに取りかかるため、12時でRJを諦めました。('Д⊂ 30ページ分しかできませんでした。今まで書いたものと合わせてOMSのたった半分分です。

残るはエッセイです。もう時間が経っているので、何をやったかよく覚えていません。

さっき指摘されたところを直してっと、

引用ももう一つしなきゃな…。

結論も書いて、

ぎゃあ、750語に十数語足りねえ…。

ってなんだかんだしていたら、いつの間にか4時近くになっていました。床に就いたのは、3:48でした。

私は高校の時から、宿題にかかる時間を少なく見積もりすぎるたちで、いつも痛い目にあってきました。peer review にちゃっかり出たのも、課題を甘く見ていたゆえです。直すにも直しようのない悪い癖です。

10日(金)

睡眠時間は4時間で、8時に起きました。昨日の3つの課題以外にまだ課題が残っていました!

まず1時限が無いのを利用して、今日やっておかなければならないワークシートを終わらせ、それと同じ授業で課されたテキストを半分ほど読み、OMSに関するワークシート(RJではない)を終わらせました。

その後3時限がビデオ鑑賞で、幸いにも時間が余ったので、テキストの残りを読み切り、昼休みは朝作ったおにぎりを食べながら、ランチタイムいっぱいタイ語講習会(第3週)。5時限目が終わった後は、17日のグループワークについてのミーティング。

と休むことなく一気に走り抜けました。

この10日のハードスケジュール、本ブログをよく読んでくださっている方々は既視感を感じているかもしれません。だってこれ、ちょうど2週間前の5月27日(金)の様子とほぼ同じですからね。(´・ω・`) しかも前回より大変になっています。ICUのスケジュールの組み方のせいなのか、私の反省が生かされなかったせいなのか、悲しいかな同じことをを繰り返してしまいました。

最近金曜日には必ず何か起こります。10日も金曜日ですし、実は最近の3つの記事は、どれも金曜日の出来事なんですよ。

2011年6月4日土曜日

Intensive Survival Thai Course!

5月のある日、学内ウェブサイトにこんなお知らせが。

「サワディークラップ! タイ語講習会」

いまアジアで熱い国、タイ。そんなタイの言葉を学んでみませんか?
挨拶など日常会話が習得できます。
タイ出身の大学院生も講師として参加します。
云々。
云々。

(すべて私の薄れた記憶だけで書いているので、ホントは全く表現が違います。)

ICUでタイ語の授業は開講されていませんが、ICUのアジア文化研究所というところが、ランチタイムを使って講習会を開いてくださるそうです。タイ語なんて一言も、サワディークラップ(こんにちは)さえ知りませんでしたが、未知の世界だからこそ興味が湧いて、参加しました。そもそも言語全般に興味がありますし、第2外国語もできれば習得したいと思っていたので。(タイ語が第2外国語になるかは分かりませんが(笑)。)

週1回×4週の講習会の第1週目は5月27日(金)でしたが、この日は今学期でもトップクラスに忙しい日でした。というかその日を含む週はめちゃめちゃ課題が多くて大変でした。

前日の26日は2時に就寝して(私にしてみればとても遅いです。)、それでも課題が終わらなかったので、27日は朝、1時限が無いのを利用して1科目をおおむね終わらせ、3時限の中間テスト(!)の後の空き時間を利用してもう1科目終わらせ、そしてあんパン1個とお茶少々をぱくつく(これがその日の昼食でした!)や否や、ランチタイムめいっぱいタイ語、という、休み時間0の恐るべき1日でした。

話をもとに戻すと、この講習会はタイ旅行に最低限必要なタイ語を、たった4回で学ぶそうです。集まったのは20人弱くらいでしょうか、男性は私含め2人だった希ガス。(´・ω・`)

まず音を一通り学びましたが、声調があるのは中国語と同じですね。タイ語は中国語に結構影響を受けているのではないでしょうか。

第1週は「挨拶」ということで、日本人の先生から、挨拶の仕方と、基本的な文法を少しだけ教わりました。途中から先生としてネイティブスピーカーの院生も参加して下さいました。

全く初めての言語との接触は、とてもわくわくします。中学校で初めて英語を学んだときに戻ったようで、その感触を楽しんでいるのですが、状況は英語の時より困難です。タイ語にもタイ文字にも全くなじみが無いのですから!(ただし文法は結構簡単です。)

この講習会では「話すこと」しか学べません。ですから自主的にタイ文字を覚えて、書くことと読むこともできるようになりたいと思います。

******

昨日3日は、第2週「買い物」がありました。二人一組での練習もしました。

タイ文字も覚え始めました、似た形のがたくさんあって難しいですが、今のところ子音字はほぼ覚えられたと思います。-ω-)ノ"

2011年6月3日金曜日

がっきーのコンサートに行ってきたぞ

ICUでは5月の第3週に「キリスト教週間」、略してC-Weekなるものがあります。キリスト教とは何かを考える週間だそうで、キリスト教関連のいろいろな行事が催されます。

5月20日(金)、私はその催しの一つ、「新垣勉コンサート」に行って来ました!!

記事タイトルだけ見て本記事にアクセスされた方、がっかりさせて申し訳ありません。

新垣さんをご存知の方は多いでしょう。出生後まもなく、病により光を失ったテノール歌手で、全国で活動していらっしゃいます。

私は新垣さんのことをを中学校の英語の教科書で読んだことがあったので、よく知っていて、彼がICUに来てくださるこの機会を逃したら、おそらく次は無いと思いました。しかも決定的なことに、一般の方のチケット代がうん千円のところを、ICU生は前売り券が300円と破格な値段でした!(コンサートには一般の方も参加できたのです。)

私はおそらく学内でもトップクラスの早さで前売り券を買い、20日の夜7時を待ったのですが、その20日のコンサートの前に、友達のとっさの思い付きにより「チャーシューパーティー」をしました!

話題を劇的に変えてしまいましたが、どうかしばしおつきあい下さい。

「チャーシューパーティー」の正体は、寮に住んでいる友達がよさげなチャーシューを持っていたので、それでチャーシューラーメンを作って屋外で食べようという、それだけといえばそれだけの「ディナーパーティー」です。

約20人のセクションメイトをメールで「招待」したにもかかわらず、結局参加したのはたった4人でした。(男3人=調理、女1人)

ちなみにこのとき初めてICUの男子寮に足を踏み入れたのですが、古いこともあってなかなかなカオスでした。男子大学生の寮という異世界を垣間見ました。その友達曰く、「キッチンで生野菜の料理作ったやつは必ず腹こわす。」

そんなキッチンでのチャーシューラーメン作りですが、ラーメンに野菜炒めとチャーシューをのせるそうなので、私は野菜炒めを担当しました。作ったことはありませんでしたが、やってみれば意外とできます。あとチャーシューを味見しましたが、本物です。すごくおいしいです。

調理が何かと時間がかかったので、もうコンサートの30分くらい前になっていました。次に私たちはこれら麺、具、食器等を、ICUのシンボルの一つ、あの芝生の広場に運びます。ICU生が「ばか山」と呼んでいるところです。私たちがフライパンや大きな鍋を運んでいる様子を他学生はさぞ滑稽に思ったことでしょう。

通りすがりのICUのみなさん! 私たちはこれからあなたたちの大学の真ん中で、チャーシューラーメンを作って食べるのですぞ!

さて、4人で少し早めの夕飯です。外で食べるとやはりすがすがしいですね。少しくらいのミスは気にしない気にしない。でもやっぱりチャーシューはうまかった。



ワイルドな男の料理です。(6月23日掲載)

ちょっと食べることに気を向けていたら、コンサートが迫っていて焦りました。今日の目的はあくまでコンサートです。ゆっくりする暇もなく寮に戻り、食器洗いをしていました。

とそのとき、前売り券を家に置いたままなのに気づきました!! パーティーが開かれるのは想定外だったので、券を取りに家に帰る機会を逸したのです。家が近かったからまだいいものの、時間内の入場はもう無理でしょう。一緒にコンサートにも行く予定だったその友達に後は任せ、家に猛ダッシュし、猛ダッシュでICUに戻りました。食べた直後だったので気持ち悪くなりそうでした。(大丈夫だったけど。)

開演に数分遅れてしまいました。走ったため汗だくになって、しばらく新垣さんの歌声に集中でませんでしたが、ほの暗い大学礼拝堂に響く新垣さんの美しい歌声に、しばし忙しい日常を忘れることができました。最後に歌ってくださった"Amazing Grace"は、私もよく知っている曲だったので、心に染みわたりました。このような素晴らしいコンサートを開いてくださったICU、そして新垣さんに感謝です。

******

コンサートの記述が少なくて記事のバランスが崩れましたが、どうか勘弁下さい。

******

そういえば、この5月に19歳になりました。

18や20より19が好きです。なぜなら19が素数だからです。

セクションの仲間たちがケーキをくれました。

ここで一つ豆知識。これから19歳の誕生日を迎える方へ。

19歳の誕生日には、ある面白い天文学的現象が起きます。興味のある方は調べてみてください。