2007年12月22日土曜日

男子中学生による手作りパン Part 2

友人数人とパンを作りました。

3月にもパンを作っているので、2回目です。前回は1人で何個も作りましたが、今回は全員で2個作ることにしました。回数を重ねるほど上手くなるものです。

まずカボチャをふかして、こします。



写真は友人Yがこしているところ。ゴムベラが見えない!

前回もカボチャは使いましたが、今回はキメの細かい漉しカボチャです。

パン生地はこんな感じです。



中身はこしカボチャと、買ってきたあんこです。生地を薄くのばして具を入るだけ入れてしまいます。

卵黄を塗ってオーブンで焼きます。あの売っているパンのような焦げ目はつくのだろうかと少し心配していました。

******

焼けました。

おぉ!! この大きさと卵黄の光沢! 早く中身も見て見たい!

まずはあん。売っていても不思議じゃない出来でした!!



カボチャ。甘さはいかほどか?



いつの間にかまぶされたゴマがいい塩梅にきいていました。はあおいしかった。

2007年12月8日土曜日

アラレたこ焼き

友人とちょっと闇たこ焼きをしました。



去年もやったのですが、そのときはワサビやらチョコボールやら、それはそれは豪華な具だったので、今回は賞味期限が去年の7月の雛あられぐらいに抑えときました。あの湿気った雛あられもたこ焼きに入れれば立派に具としての役割を果たします。しかし分かっていたことですが、甘いたこ焼きができるわけで、好評ではありませんでした。

たこ焼きは始めのうちはきれいに丸められませんが、回を重ねるごとにコツをつかんできて、丸いたこ焼きが焼けるようになるものです。



さて今回はたこを多めに買ったのでとうとう生地が底を尽いてしまい、たこだけ焼く事にしました。しかしこれが意外においしい。3,40個はあっただろうタコは完食しました。

雛あられだけがほとんど食べられず残ったのでした。